FXのレバレッジについて

FXは初心者でも始めやすいということで人気がありますが、その人気の理由の1つがレバレッジという取引方法にあります
レバレッジとは日本語に訳せば「てこ」のことで、てこの原理を利用することで重いものでも少ない力で持ち上げることができるように、レバレッジを使って取引をすると少ない資金でも大きな取引ができるようになります。
例えば1ドル=100円の時にドルを購入して、その後に1ドル=101円になったので売却したとすると、1ドル当たり1円の利益が出ることになります。
手持ち資金が10万円しかない場合は最大でも1,000ドルしか購入できないので利益も1,000円ということになります。
しかし、手持ちが10万円しかなくてもレバレッジを10倍にせってして取引をすれば最大で1万ドルを購入することができるようになるので、利益も10倍の1万円ということになります。
つまり、レバレッジを利用することで利益も増えるということになるわけです。
ただし、レバレッジは良いことばかりではありません。
レバレッジ10倍なら利益も10倍になりますが、損失が出てしまった場合はその損失も10倍になるからです。
レバレッジは最大で25倍まで設定することができますが、初心者のうちはあまり高いレバレッジで取引するのはリスキーですので少額から始めていきましょう。